ラシックスで起こりえる副作用と危険な飲み方

ラシックスで起こりえる副作用と危険な飲み方

ラシックス,副作用,危険

 

ラシックスによる副作用としては目眩や立ちくらみが挙げられます、腎臓を介して血液中の水分を排出してしまうのと同時にナトリウムも排出されます。

 

この効果のために血圧が下がり、効き過ぎると目眩を起こすので安静時以外の屋外の歩行中や職場での作業中といった場合はケガなどに注意をしなくてはなりません。

 

この血液中の水分を排出するということは血液が濃くなるというでもあり血流の良し悪しに影響します、そのため脳や心臓の血管に問題がある場合は充分に注意する必要があります、

 

また、水分と共にナトリウムも排出されてしまいますので減塩療法などで食事の塩分を控えている人はナトリウム不足など電解質のアンバランスを起こす場合もあります。

 

ラシックス,副作用,危険

 

尿酸値や血糖値への影響も考慮しなくてはなりません、血液が濃くなると尿酸値や血糖値もそのぶん高くなります、既に痛風や糖尿を患っている人の場合は症状を悪化させることも考えられます。

 

飲み合わせにも注意が必要です、たとえば抗生物質では血液と同様に抗生物質の成分も濃くなり効果が強く出てしまい思わぬ副作用を起こすことも考えられます。

 

血圧を下げる薬を飲んでいる場合はラシックスの血圧降下作用と相まって効果が増強されて必要以上に血圧が下がり危険ですので気をつけなくてはなりません。

 

飲み合わせの悪い薬は市販薬か処方薬かを問わずたくさんあり、ラシックスを飲む場合は事前に持病や体調、服用中の薬との相性などを念入りに調べておかなくてはなりません。

 

他には飲酒は目眩を起こしやすくなるので控えることと、高齢者の場合はラシックスの効果が長く続くので効きすぎに注意することが挙げられます。

 

また、尿量が増えるので就寝前の服用は何度もトイレに起きたり就寝中の尿漏れや尿失禁を起こしやすくなるので飲むのは朝と昼だけにします。

 

ラシックスはまずは低容量のものから始め、副作用などの体調の変化を細かくチェックし、少しでも何か異変に気付いたらすぐに飲むのを止めましょう。